【初心者向け】Javaの学習におすすめのプログラミング本5選

学習

Javaは、その汎用性と安定性から、世界中で愛用されているプログラミング言語です。


しかし、その広大な機能とライブラリの海に、どこから手をつけていいか迷ってしまうことも…。


そんな時、信頼できる「学習の道しるべ」となるのが、良質なプログラミング書籍です。


ただし、書籍選びにもコツがあります。初心者にやさしい解説で、基本からしっかりとJava学習できる本を選びたいですよね。


この記事では、Javaをこれから学び始めるあなたにピッタリの、おすすめのプログラミング本を5選ご紹介します。


また、本選びの際に役立つポイントや、効率的な学習方法についても触れていきますよ。プログラミングの学習は、最初の一歩が肝心です。

Javaの本を選ぶときの5つのポイント

初心者にとっては、どの参考書が自分に合っているのか選ぶのが難しいもの。


適切な選び方のポイントを把握しておくことで、自分の学習目標に最適な一冊を見つけることが可能になります。


ここでは、Javaの参考書を選ぶ際に役立つ5つのポイントを紹介します。

Javaの本を選ぶときの5つのポイント
  • 図表やイラストの有無
  • 対象レベルの確認
  • 最新の情報かどうか
  • サンプルコードの質をチェック
  • レビューを参考にする

図表やイラストの有無

Javaの学習において、複雑な概念やプロセスを理解する際、図表やイラストが非常に役立ちます。


視覚的な情報は理解を深め、記憶に残りやすいため、本を選ぶ際には、これらが豊富に含まれているかをチェックしましょう。


特に初心者の方は、抽象的な概念を具体的にイメージしやすくなりますよ。

対象レベルの確認

Javaの学習書は、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。


自分が今どのレベルにいるのかを正確に把握し、それに合った本を選ぶことが重要です。


初心者向けの本では基本的な文法から学べますが、中級者以上向けの本では、より高度なプログラミング技術や設計パターンなどが解説されています。


自分のスキルレベルに合わない本を選んでしまうと、学習が進まないこともありますので注意しましょう。

最新の情報かどうか

Javaは定期的にアップデートされ、新しい機能が追加されたり、古い機能が非推奨になったりします。


そのため、選ぶ本が最新のバージョンに対応しているかどうかを確認することが大切です。


古い情報に基づいて学習してしまうと、現場での実践に支障をきたす可能性があります。最新版であることを確認しましょう。

サンプルコードの質をチェック

実際に手を動かして学ぶことは、プログラミングスキルを身につける上で非常に重要です。


サンプルコードが豊富に含まれている本を選び、それらが正確で、現代的なJavaの慣習に沿っているかを確認してください。


サンプルコードを実際に試しながら学ぶことで、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができますよ。

レビューを参考にする

他の読者のレビューや評価は、本の質や内容の充実度を事前に把握するのに役立ちます。


特に、実際にその本で学習した人の意見は参考になります。


ただし、レビューは個人の意見であることを念頭に置き、多くのレビューを参考にして総合的な判断を下しましょう。

Javaの勉強におすすめの本5冊

スッキリわかるJava入門 第4版

スッキリわかるJava入門 第4版

「スッキリわかるJava入門 第4版」は、開発環境の準備からオブジェクト指向まで、「なぜ?どうして?」の疑問を解消しながら、楽しく学べる工夫が満載。


特に、Webブラウザだけで始められる「dokojava」で、手軽にプログラミングの世界に飛び込めますよ。


難所とされるオブジェクト指向も、イラストとゲーム題材を使ったわかりやすい解説でスッキリ理解できます。Javaの基礎から実務で役立つ知識まで、この一冊でしっかりマスターしましょう!

新わかりやすいJava 入門編 第3版

新わかりやすいJava 入門編 第3版

「新わかりやすいJava 入門編 第3版」は、プログラミングのイロハから最新のJava機能まで、まるでプロの講師がそばで教えてくれるかのように、じっくりと丁寧に解説。


「解説動画」で視覚的にも理解を深められるのは、このテキストの大きな魅力の一つ。


画面を見ながら手を動かして学べる「ハンズオン」や、各章の終わりに用意された「練習問題」で、自分の理解度をチェックできるので、学習の進捗が一目でわかります。


そして、疑問に思った点はスマホでサッと答えを確認できるから、学習の流れが止まることなくスムーズに進められますよ。独学で学びたい方はもちろん、学校の授業や資格取得のための教材としても最適です。

ゼロからわかる Java超入門 [改訂3版] 

ゼロからわかる Java超入門 [改訂3版] 

「ゼロからわかる Java超入門 [改訂3版] 」は、プログラミング知識がゼロからでも大丈夫!


この本でJavaの基本をしっかりとマスターできますよ。


章末の練習問題で学習成果も確認できるから、自信を持って次のステップへ進めますね。回答は取り外し可能な別紙にあるので、チェックも簡単です。


さあ、Javaでプログラミングの楽しさを発見しましょう!

独習Java 新版

独習Java 新版

独習Java 新版

「独習Java 新版」は、Javaプログラミングの基本から応用まで、体系的に学べますよ!


Java学習の“標準教科書”として、初心者からホビープログラマまで幅広く支持されています。


解説からサンプル、理解度チェックまで、3ステップでしっかりマスターできる構成です。


今こそ、Javaの基本を固めて、プログラミングスキルを次のレベルへと引き上げましょう!
この一冊が、あなたのJava学習の強い味方になるはずですよ。

ちょっとはじめるJava

ちょっとはじめるJava


「ちょっとはじめるJava」は、Javaの基礎から、Eclipseの使い方、計算や変数、条件文、繰り返し処理など、プログラミングの基本をわかりやすく解説しています。


複雑な機能は一旦置いて、まずは簡単なプログラムを作りながらJavaを楽しく学びましょう!


この一冊が、あなたのJava学習の第一歩をサポートしますよ!

Javaを効率よく学習するための4つのポイント

学習を途中で諦めずに、スムーズにスキルアップしていくためには、いくつか押さえておくべき重要なポイントがあります。

コードを写経して勉強する

Javaの基本的なコードやアルゴリズムを含むサンプルを見つけて、それらを手動で写してみましょう。


これにより、Javaの文法や構文に自然と慣れていきます。オンラインのチュートリアルや、GitHubにあるプロジェクトのコードを参考にするのがおすすめですよ!


『Hello, World!』から始めて、徐々に難易度を上げていくのがコツですね。

ノートを使って勉強する

Javaの勉強中に出会った新しい概念や文法ルールを、ノートにまとめてみましょう。


特に、オブジェクト指向プログラミングの概念やJava特有のAPIの使い方など、重要なポイントを書き留めておくと、後で復習するときにとっても役立ちます。


『これは便利な機能だな‥』と思ったら、すぐにノートにメモ!

アプリで勉強する

Javaを学ぶためのアプリやモバイルアプリケーションを活用するのも、とっても便利です。


通勤中やちょっとした空き時間に、スマホを取り出して学習できるので、毎日コツコツと力をつけていくことができますよ。

学習サイトで勉強する

オンライン学習サイトを活用することも忘れずに。


侍テラコヤCode Lessonなどのプログラミング学習サイトには、Javaの入門から応用までをカバーする多くのコースがあります。


自分のペースで学べるので、『今日はこの章をクリアするぞ!』と目標を持って学習に取り組むことができます。


また、実際に手を動かしながら学べるので、理解が深まりますよ。


Javaが学べるプログラミング学習サイトを利用して学習したい方は【初心者向け】Javaが学べる無料プログラミング学習サイト6選を参考に学習サイトを選んでみてくださいね。

まとめ

Javaの学習を始めるにあたって、適切な参考書を選ぶことは非常に重要です。


この記事では、初心者におすすめのプログラミング本5選と、本を選ぶ際のポイント、さらに効率的に学習するためのポイントをご紹介しました。


基礎からしっかりと学び、実践を通じて知識を深め、コミュニティでの交流を大切にすることで、Javaの世界がより身近に感じられるはずです。


また、選んだ参考書を最大限に活用し、定期的な復習を忘れずに行うことで、Javaのスキルは確実に向上します。


プログラミング学習は一歩一歩です。焦らず、楽しみながら学習を進めていきましょう!