【高校生向け】Ruby学習におすすめの入門本3選

中学生

Rubyはその学びやすさから多くの初学者に選ばれているプログラミング言語です。


この記事では、Rubyの学習をスタートする際に役立つ入門書3選を紹介し、それぞれの選び方のポイントを詳しく解説します。


また、書籍を以外の学習リソースや、Rubyの資格情報も提供し、より実践的な学習方法を探求するお手伝いをします。


この記事を読んで、ぜひRuby学習の参考にしてください!

初心者がRubyの本を選ぶときのポイント

初心者がRubyの本を選ぶ際に考慮すべき5つのポイントをご紹介します。

✓基礎から学べる内容
✓豊富なサンプルコード
✓最新の情報
✓わかりやすい説明
✓評価やレビューを参考にする

基礎から学べる内容

Rubyを学び始めるとき、基本的な文法やプログラミングの基礎概念、特にオブジェクト指向の理解は必須です。


入門書を選ぶ際は、これらの基礎が段階的に、かつ明確に説明されているものを選ぶと良いでしょう。


例えば、変数、メソッド、クラスの概念を詳細に解説している本が適しています。

豊富なサンプルコード

実際のコード例を通じて学ぶことで、理論だけでなく実践的なスキルも身につけられます。


サンプルコードが多く、それに対する詳しい説明や実行結果が示されている本を選ぶと、自分で試しながら効果的に学べます。

最新の情報

Rubyのバージョンは頻繁に更新されるため、書籍の内容が最新の状態であることを確認してください。


古いバージョンの内容では現在非推奨や非対応の機能を学んでしまう恐れがあります。

わかりやすい説明

初心者が理解しやすいよう、図解やイラストを豊富に使用し、複雑な概念を簡潔に解説している本を選ぶと良いでしょう。


分かりやすい例えや、段階的な解説がされている書籍が理想的です。

評価やレビューを参考にする

購入前に他の読者のレビューや評価をチェックし、その本が実際に役立つかどうかを確認しましょう。


特に、学習の進め方、内容の明快さ、サンプルコードの有用性に注目してください。

Ruby学習におすすめの入門本3選

「ゼロからわかる Ruby 超入門」は、プログラミングが初めての方や、すでに他の言語を経験しているがRubyは初めてという方にぴったりの入門書です。


この本は、図を多用して説明しており、Rubyの基本から実用的な内容まで、分かりやすく学べる構成になっています。


特に、Railsを学ぶ前の基礎知識として、Rubyについてしっかりと抑えたい方に最適です。


プログラミングをこれから始めたい高校生にとって、この本で学ぶことで、プログラミングの楽しさと、問題解決の方法を身につけることができますよ!

『独習Ruby 新版』は、Ruby 3に完全対応し、プログラミングの基礎からしっかり学べる入門書です。


長年にわたって愛されてきたこの教科書は、プログラミング言語の入門として最適で、具体的な例を通じてRubyの基本的な知識や概念、文法を学ぶことができます。


プログラミング初心者や再入門者、趣味でプログラミングを楽しみたい方にもぴったり。


初めての方でも安心して学べるステップで構成されており、理解度をチェックしながら効率的にRubyを習得できるでしょう。


『たのしいRuby 第6版』は、プログラミング初心者でも理解できるように、Rubyのチュートリアルから基礎、応用までをわかりやすく平易に解説しています。


各章では、Rubyの基本的な使い方からクラスの利用、実用的なツールの作成方法まで学べるので、プログラミングの基礎を固めつつ、具体的なスキルも身につけることができるでしょう。


高校生のみなさんにもおすすめの一冊です。

書籍以外の学習リソースの活用

書籍だけでなく、様々な学習リソースを活用してプログラミングスキルを磨くことができます。


下記の方法でより実践的かつインタラクティブな方法で学習を進めることが可能です。

・プログラミング学習サイト
・アプリケーション
・YouTube
・プログラミングスクール

プログラミング学習サイトの利用

オンラインのプログラミング学習サイトは、初心者から経験者まで幅広く対応しています。


特に「Progate」のようなサイトでは、HTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ開発に必要な技術を段階的に学べますし、リアルタイムでコードを試し、フィードバックを得ることができるので、学習効果が高まります。


進行度に応じたバッジやポイントシステムがモチベーションの維持に役立ちますよ。


【初心者向け】Rubyが学べる無料プログラミング学習サイト5選」の記事では初心者向けに無料で学習できるRuby入門サイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

プログラミングアプリの利用

移動中や空き時間を利用してプログラミングを学びたい方には、スマートフォンアプリがおすすめです。


「Mimo」では、小さなレッスンがゲーム感覚で楽しめ、基本的なプログラミング概念を短時間で学ぶことが可能です。

YouTubeの利用

YouTubeは、視覚的な学習に最適で、世界中のエキスパートから学べるプラットフォームです。


チュートリアル動画では、開発環境のセットアップから具体的なプログラムの書き方まで、手順を一つ一つフォローできるので、理解が深まります。


さらに、コメントで疑問を投稿すると、他の学習者や講師からの回答を得られることもありますね。

プログラミングスクールの利用

実際に講師から直接指導を受けられるプログラミングスクールは、より本格的な学習に最適です。


オンラインで受講できるスクールも多く、例えば「Codecamp」では、個別指導で進行するため、自分のペースでしっかりと学べます。


また、キャリアサポートが充実しているスクールでは、就職活動の準備やアドバイスを受けることができ、学んだスキルを生かした職場を見つけやすくなりますよ。

Rubyのおすすめ資格

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Ruby言語のプログラミングスキルを認証する資格試験ですよ。


この試験には「Silver」と「Gold」という二つのレベルがあります。
初心者や学生さんには、「Silver」がおすすめです。


このレベルでは、Rubyの基本的な文法やプログラミングの基礎を問われます。
もう少しスキルアップしたい方は、「Gold」レベルに挑戦してみてください。


試験を通じて、自分のRubyに関する知識や技術を証明し、それをキャリアの一環として活かすことができますよ​

まとめ

高校生の皆さんがRubyを学び始める際に役立つ資源を網羅したこの記事を通じて、Rubyの魅力と学習の楽しさを感じていただければ幸いです。


入門書の選び方から、書籍を超えた学習リソースの活用、さらにはRubyの資格取得まで、各セクションで紹介した内容を活用して、学びを深め、スキルを実践的に磨いていくことが重要です。


プログラミングは単にコードを書く技術以上のものであり、論理的思考、問題解決能力、そして創造性を養う手段です。


今回の記事が、Rubyを学び始めるあなたにとって有益なガイドとなり、プログラミングの楽しさや可能性を感じ取ってもらえたなら幸いです。