【中学生】初心者向けのプログラミング本|おすすめ入門書7選

学習

「プログラミングは、現代の学生にとって必須のスキルとなりつつあります。


特に中学生は、新しい知識を吸収するのに最適な時期です。しかし、プログラミングの世界は広大で、どこから手をつけていいか迷うことも多いでしょう。


この記事では、中学生がプログラミングを学ぶのに最適な7冊の入門書を厳選して紹介します。


これらの本は、初心者でも理解しやすい内容で、基本的なプログラミングの概念から実践的なスキルまでを幅広くカバーしています。


また、プログラミング学習のコツも合わせてご紹介し、効果的な学習方法を提案します。プログラミングはただのコーディング以上のものです。


論理的思考、問題解決能力、創造性を養うための素晴らしいツールです。この記事を通じて、中学生がプログラミングの世界に一歩踏み出すための手助けとなれば幸いです。

初心者向けのプログラミング入門書7選

アメリカの中学生が学んでいる 14歳からのプログラミング

アメリカの中学生が学んでいる 14歳からのプログラミング

この本は、プログラミングの基本から始まり、Scratchの入門編やPythonの応用編まで、コンピューターの仕組みからコードの読み書きまでを網羅しています。


特に、「オールカラーのイラスト&手書きノート式のデザイン」で構成されており、分かりやすく楽しい学習体験を提供します。


プログラミングを初めて学ぶ人や、これまでプログラミングでつまずいた人にも適しており、一生使えるスキルを身につけることができます。


また、実際にプログラムを作成するためのサンプルコードも含まれているため、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができます。


中学生がプログラミングを学ぶ際には、このような体系的で分かりやすい教材を選ぶことが重要です。

Scratchの絵本 プログラミングを楽しくはじめる9つの扉

Scratchの絵本 プログラミングを楽しくはじめる9つの扉

「Scratchの絵本 プログラミングを楽しくはじめる9つの扉」という本は、中学生を含むプログラミング初心者に最適な入門書です。


この本は、Scratchというプログラミング言語を使って、プログラミングの基礎から学ぶことができます。


特徴として、本書はScratchのツールやブロックの使い方、プログラミングの基本的な考え方や概念を、段階的に学べる構成になっています。


基礎の重要性を理解しながら、しっかりと学習を進めることができます。また、フルカラーのイラストが豊富に使われており、視覚的にも理解しやすいです。

中学プログラミング (世界一やさしいBASIC入門書)

中学プログラミング (世界一やさしいBASIC入門書)

この本は、パソコンの基本的な操作や環境設定から始まり、BASIC言語を使ったプログラミングの基礎を学ぶことができます。


フローチャートの書き方、変数、分岐、ループ、配列など、プログラミングの基本的な概念が一通り網羅されています。


本書の特徴は、プログラミングの基礎を漫画で解説している点です。これにより、プログラミングが初めての中学生でも、楽しみながら学ぶことができます。


また、プログラミングは単にコードを書くだけでなく、考える力や問題解決能力を養うことができるという点も強調されています。この本は、プログラミングに興味を持ち始めた中学生や、親が子供と一緒にプログラミングを学びたいと考えている方に最適です。プログラミングの世界への第一歩として、この本を使って基礎から学ぶことが推奨されます。

初心者でも「コード」が書ける! ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング

初心者でも「コード」が書ける! ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング

この本では、ProcessingというJavaベースのプログラミング言語を使って、ゲーム作りを通じてプログラミングを楽しく学ぶことができます。


本書の特徴は、プログラミング経験がない人でも直感的にコードを書きながら理解できるように設計されている点です。


PythonやJavaScriptが難しいと感じる人でも、この本を使えばプログラミングの基本を学ぶことができます。


小学校高学年以上の読者に適しており、Scratchでの学習に少し物足りなさを感じる人にもおすすめです。


この本は、プログラミングスクールTENTOによって監修されており、子どもたちにプログラミングのスキルだけでなく必要なマインドセットを身につけさせることに重点を置いています。


プログラミングを通じて、創造力や問題解決能力を養うことができるという点も強調されています。

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

この本は、基本的な26のアルゴリズムと7つのデータ構造を、すべてイラストで解説しています。


フルカラーの誌面を使用しており、アルゴリズムの「動き」が視覚的に理解しやすくなっています。本書の特徴は、アルゴリズムの考え方や計算効率、問題点をフォローしている点です。


ソートやグラフ探索などの動きを図で追うことで、アルゴリズムの仕組みを理解するのに役立ちます。また、50万人が学んだ大人気アプリを書籍化したことも特筆されています。


中学生がプログラミングを学ぶ際には、このような視覚的に分かりやすい教材が非常に役立ちます。アルゴリズムはどんなプログラミング言語を学ぶにしても不可欠な要素であり、本書はアルゴリズムを独学する人のために作られています。


初めて学ぶ際にイメージしやすく、復習する際にも思い出しやすい構成になっているため、プログラミングの基礎を学ぶのに適しています。

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

この本では、PHPJavaScriptを例に挙げながら、様々なプログラミング言語に共通する基本を学習していきます。


言語による違いはあるものの、根幹を理解することで、新しい言語も短期間で身につけることができます。


本書では、インターネットの仕組みや、Webページがコンテンツを表示する仕組み、Cookieやセッション、フレームワークやライブラリ、データベースなどの技術についても包括的に解説しています。


プログラムに関連する一連の仕組みを理解することで、しっかりとした長く使える知識を身につけることができます。


また、本書では、チーム開発やコンテナなど、近年の開発環境・体制についても説明しており、現代のWebプログラミングのトレンドを理解するのに役立ちます。

日本語だからスイスイ作れるプログラミング入門教室

日本語だからスイスイ作れるプログラミング入門教室

この本では、日本語で入力できるプログラミング言語「なでしこ」を使って、プログラミングを学びます。


英語の入力や読み解きに苦手意識がある方でも、日本語ベースのプログラミング言語であるため、気軽に楽しく学ぶことができます。


本書の特徴は、プログラミングの基本文法から始まり、小さなサンプルを作りながら学習を進めることができる点です。


最終章では、時計や迷路、お絵描きツール、チャット、カードゲームなど、本格的なツールやゲームを作成するプロジェクトに取り組みます。


「なでしこ」の文法は一般的なプログラミング言語の文法と似ているため、「なでしこ」をマスターすれば、他のプログラミング言語の習得も比較的楽にできます。


プログラミングが初めての方や、Scratchなどのビジュアル言語からテキストプログラミングにステップアップしたい方、日本語でのプログラミングに興味がある方にもおすすめの1冊です。

プログラミング学習のコツ

最初は本でプログラミングの基本を学ぶ

プログラミング学習は、まず基本から。書籍を通じてプログラミングの基礎を学びましょう


Webサイトや専門書から始めると、基本的な理解が不足して途中で困難に直面することがあります。


基礎をしっかり押さえることで、環境設定や他分野との連携もスムーズになります。


プログラミングの基本を丁寧に説明する書籍を選ぶことが重要です。

Webサービスを利用して実践的に学ぶ

次に、プログラミング学習用のWebサービスを活用して、実際にコードを書きながら学んでいきましょう。


無料で利用できる機能もあるため、プログラミング初心者には最適です。


詳細は以下のサイトで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
【中学生向け】おすすめ!無料プログラミング学習サイト10選

専門的な知識を深めるために再び本を活用する

Webサービスで学習を進める中で、より深い知識を求める気持ちが芽生えたら、専門的な内容を扱う書籍を手に取りましょう。


この段階では、ある程度の知識が身についているため、専門書を読んでも理解しやすくなっています。


Webサービスでの学習を補完し、見落としていた知識を補強するのにも役立ちます。ただし、実際に手を動かしながら学ぶことを忘れずに

まとめ

今回ご紹介した本は、プログラミングの基本から応用までを幅広くカバーし、中学生がプログラミングを学ぶのに最適な教材です。


プログラミングは、単にコードを書く技術以上のものであり、創造性、論理的思考、問題解決能力を育むための重要なツールです。


プログラミング学習は、時には難しく感じるかもしれませんが、これらの入門書を通じて、楽しく、効果的に学ぶことができるでしょう。


学習の途中で行き詰まったときは、本の中のサンプルや例題を実際に手を動かして試してみることが大切です。また、Webサービスや他の教材を活用して、さらに知識を深めることも忘れずに。


最後に、プログラミングは一朝一夕に習得できるものではありません。継続的な学習と実践が重要です。


この記事が、中学生の皆さんがプログラミングの世界に興味を持ち、学びを深める一助となれば幸いです。