【高校生向け】HTML/CSS学習におすすめの入門本3選

中学生


今やWeb技術は多くの職業で必要とされており、若い世代にとってもその基礎を学ぶことは非常に重要です。特にHTMLとCSSは、ウェブサイト作成の基本となるスキルです。


HTMLとCSSのスキルを身につけて、自分だけのウェブサイトを作成できるようになりたいと思いませんか?


この記事では、初心者でも分かりやすいHTML/CSSの学習に最適な入門書3選をご紹介します。
さらに、書籍だけでなく、他のリソースを活用して学習を深める方法も解説します。


この記事を読むことで、HTMLとCSSの基礎からしっかりと学び、自分だけのウェブサイトを作成する第一歩を踏み出す準備が整いますよ!

初心者がHTML/CSSの本を選ぶときのポイント

初心者がHTML/CSSの本を選ぶ際のポイントを知っておくことは、効果的かつ効率的に基本的なウェブ開発スキルを学ぶために重要です。


正しい本を選ぶことで、初心者が理解しやすい解説や例を通じて、HTMLとCSSの基礎から実践的な応用までスムーズに学べるようになります。


HTML/CSSの本を選ぶときのポイントとして以下の4つを説明します。

✓初心者向けの内容か
✓最新の情報が含まれているか
✓実際にコードを書いてみる演習があるか
✓レビューを参考にする

初心者向けの内容か

初学者に最適なHTMLとCSSの本は、基本的な概念から始まり、徐々に複雑なトピックへと進むものです。


また、視覚的な要素が多用されている本は理解を助けます。例えば、イラストや図解が豊富に含まれていると、抽象的なコードの概念が具体的に理解しやすくなります。


さらに、実際のプロジェクトを元にした段階的な説明があると、初学者はコードの実際の使い方を見ながら学べるため、より効果的です。

最新の情報が含まれているか

Web開発の技術は日々進化しています。新しいCSSの機能やHTMLの要素がどのように使用されるかを学ぶためには、本に最新の情報が含まれていることが重要です。


古いバージョンの技術のみを扱っている本は、現代のWeb開発では役立たない可能性があります。


これにより、学んだ知識が将来も使えるかどうかが決まります​。

実際にコードを書いてみる演習があるか

本から学ぶだけでなく、実際に自分でコードを書いてみることは、学習効果を大幅に高めることができます。


演習問題が豊富に含まれている本を選ぶことで、読んだ内容をすぐに実践してみることができ、理解が深まります。


また、自分でエラーに遭遇して解決する過程は、実際の開発において非常に重要なスキルとなるため、このような本は特に価値があります。

レビューを参考にする

他の読者のレビューをチェックすることも、良い本を見つけるための有効な手段です。


特に初心者向けの本の場合、先にその本を使用した人々のフィードバックは、その本の実際の有用性を判断するのに役立ちます。


どのような点が評価されているのか、またはどのような点が不満であるのかを把握することで、自分のニーズに最適な選択が可能になります​。

HTML学習におすすめの入門本3選

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

『1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座』は、これからWebサイト制作を始める高校生に最適な一冊です。


著者の方は、国内外での豊富なデザイン経験を生かし、HTMLとCSSの基礎から最新のレスポンシブデザインやFlexbox、CSSグリッドなどの技術まで、わかりやすく解説しています。


本書では、単にコードを覚えるだけでなく、プロの現場で実際に役立つデザイン技術も習得できます。


この本の大きな特長は、初心者が直面しがちな問題を丁寧に解説し、実際に手を動かしながら学べる点にあります。


各章では、基本的なWebサイトの構築から、より複雑なデザインまでステップバイステップで制作を進めることができるので、読むだけでなく「作る楽しさ」を実感できるでしょう。

本当によくわかるHTML&CSSの教科書 シンプルで、デザインの良いサイトが必ず作れる

本当によくわかるHTML&CSSの教科書 シンプルで、デザインの良いサイトが必ず作れる」では、Webサイトを一から作りたいけれど、どこから始めていいか分からない方や、過去に挑戦して挫折した経験がある方に向けて、シンプルでわかりやすい解説がされています。


トップページやギャラリーなどの基本的なWebサイトが手軽に作れるようになります。


また、図やサンプルファイルを多用しており、読みながら実際にコードを書いて学べるので、理解が深まります。


デザインにもこだわりたい方には特におすすめの一冊です。

初心者からちゃんとしたプロになる Webデザイン基礎入門 改訂2版

『初心者からちゃんとしたプロになる Webデザイン基礎入門 改訂2版』では、HTMLとCSSの基本から始めて、実際にサイトを制作し、公開・運用するまでの一連の流れを体系的に学べます。


特に「1日30分からはじめる」というアプローチは、忙しい学生生活の中でも無理なく継続できる学習計画を立てやすくします。


本書は、シンプルなお店のサイトからレスポンシブデザインのサイトまで、実際に手を動かして学べる実践パートが充実しています。


また、各レッスンには学習時間の目安が設けられており、自学自習にも授業にも最適です。


これからWebデザインを学びたい、自分でサイトを作りたいと考えている高校生にとって、この一冊がWeb制作の第一歩となるでしょう。

書籍でプログラミング学習をするメリット

書籍でプログラミング学習をするメリットを知っておくことは、自分の学習スタイルに合った方法を選択するために重要です。


ここでは、以下の4つのメリットを説明します。

✓体系的な学び
✓繰り返し学習が可能
✓オフラインでのアクセス
✓詳細な解説

体系的な学び

書籍で学ぶ最大のメリットは、内容が体系的に整理されていることです。


HTMLやCSSを学ぶ書籍は、基本的な概念から始まり、徐々に複雑なトピックへと進んでいきます。


これにより、初心者でも学習の流れを自然に追うことができ、段階的に知識を深めていくことができます。

繰り返し学習が可能

書籍を使った学習では、何度も同じセクションを読み返すことができます。


特に理解が難しい部分は、ペースを自分で調整しながらじっくりと学ぶことができます。


電子書籍も含め、マーカーやノートを取りながら、自分だけの学習ノートを作成することも可能です。

オフラインでのアクセス

インターネット接続がない環境でも学習を続けることができるのは、書籍の大きなメリットです。


電車の中や外出先など、オンラインのリソースにアクセスできない場所でも、書籍があれば学習を進めることができます。

詳細な解説

多くの書籍には、単なるコードの書き方だけでなく、なぜそのコードを使用するのか、その背景にある理論についても詳しく解説されています。


この深い理解は、長期的に見て非常に価値のあるものです。

書籍でプログラミング学習をするデメリット

一方で、書籍でプログラミングを学習するデメリットを知っておくことも同様に重要です。


デメリットを理解することで、書籍の学習を補完するための他のリソースを探求するきっかけになり、よりバランスの取れた学習方法を構築する助けとなります。

✓更新の遅れ
✓インタラクティブな学習の欠如
✓フィードバックの欠如
✓携帯性の問題

更新の遅れ

プログラミング言語は常に進化していますが、書籍は出版された時点での情報がそのままになるため、新しい技術などに対応していないことがあります。


特にWeb技術の世界では、新しい機能や改善が頻繁に行われるため、書籍の情報が古くなる速度が速いです。

インタラクティブな学習の欠如

書籍では、実際にコードを試しながら学ぶインタラクティブな経験が限られます。


オンラインプラットフォームでは即座にコードを実行して結果を見ることができるのに対し、書籍を使用している場合は自分で開発環境を設定し、コードを手動で入力し、結果を確認する必要があります。


これにより、学習プロセスが断片的になりがちです。

フィードバックの欠如

書籍から学ぶ場合、自己学習が基本となりますので、書かれているコードがなぜそのようになっているのか、また間違えた場合にすぐにフィードバックを得ることができません。


プログラミング学習では即時のフィードバックが理解を深めるのに重要ですが、書籍ではそのサポートが限られるため、理解に時間がかかることがあります。

携帯性の問題

特に厚い書籍の場合、外出先での学習には適していません。


デジタルデバイスに比べて重く、場所を取るため、いつでもどこでも学ぶという点では不便さがあります。

書籍以外の学習リソースの活用

プログラミング学習において書籍以外のリソースを活用することは、学びの多様性を広げ、より実践的なスキルを習得するために重要です。


以下にいくつかの学習リソースをご紹介します。

✓プログラミング学習サイト
✓プログラミング学習アプリ
✓YouTube
✓プログラミングスクール

プログラミング学習サイト

プログラミング学習サイトは、Web開発の初心者から中級者、上級者までを対象にした幅広いコースを提供しています。


これらのサイトは、HTMLの基礎から始まり、CSSを用いたデザインの応用、レスポンシブデザインの実装など、段階的に学べる構造になっています。


各レッスンは、理論だけでなく実際のコーディング演習を通じて、直感的に技術を身に付けることができます。


また、インタラクティブな環境で即時フィードバックを受けることが可能です。これにより、エラーを修正し、より効果的に学習を進めることができます。


【初心者向け】HTMLが学べる無料プログラミング学習サイト3選【初心者向け】CSSが学べる無料プログラミング学習サイト5選では、初心者向けにHTML/CSSのプログラミング学習サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

プログラミング学習アプリ

スマートフォンやタブレットを使用した学習アプリは、通勤中やちょっとした空き時間にも学習を進めることができるため、忙しい現代人に最適です。


これらのアプリは、基本的なHTMLタグの書き方からCSSを用いたスタイリングまで、小さなステップで進められるため、学習の進行が自然と感じられます。


クイズ形式でのレビューや実践的なミニプロジェクトを通じて、ユーザーは確実にスキルを身に付けることができます。


【初心者向け】HTML/CSSが学べるプログラミング学習アプリ5選の記事では、初心者向けにHTML/CSSが学習できるアプリを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

YouTube

動画学習プラットフォームでは、各種のプログラミングチュートリアルが提供されており、視覚的にも理解しやすいのが特徴です。


ビデオは、HTMLの基本的な構造を説明するものから、CSSによるスタイリング、さらには実際のウェブページ作成に至るまで、多岐にわたります。


動画ならではのメリットとして、実際のコーディングプロセスをリアルタイムで見ることができるため、複雑な問題に直面したときの解決策も学べます。

プログラミングスクール

現地またはオンラインのプログラミングスクールは、より集中的な学習環境を提供します。


これらのスクールでは、HTMLとCSSの基礎だけでなく、JavaScriptのようなプログラミング言語を使ったインタラクティブなウェブサイトの構築も学べます。


実際のプロジェクトを通じて、業界で求められるスキルを身につけることができます。また、講師からの直接的な指導やフィードバックを得られるため、学習効果は非常に高いです。

まとめ

Web開発の基礎として重要なHTMLとCSSの学習は、未来のデジタルスキルを形成するために非常に価値があります。


今回の記事で取り上げた入門書6選は、初心者でも容易に理解でき、実際のウェブサイト作成に直接役立つ内容を厳選しています。


さらに、これらの書籍に加えて紹介したオンラインリソースを利用することで、学びの幅を広げ、より深い知識と技術を身につけることができます。


プログラミングは、ただコードを学ぶだけではなく、それを使って何かを創造する過程です。


提供した学習資料やツールを活用して、初めてのウェブページを作成することからスタートし、徐々に複雑なプロジェクトに挑戦することが可能です。


この過程で、HTMLとCSSの基本的な構造だけでなく、ウェブデザインの感覚も自然と身につきますよ