【おすすめ!】中学生が選ぶ人気プログラミングスクール9選

スクール

プログラミングは、今や中学生にとって必要不可欠なスキルとなりつつあります。このデジタル時代において、プログラミング能力は単なる技術以上のものとなっていますよね。

プログラミングスクールの検討はしている、でも、
プログラミングスクールの選び方が分からない。」「料金や受講内容はどんな感じなの?」とお悩みの方も多いと思います。


この記事では、中学生におすすめのプログラミングスクールを9つピックアップしました。
それぞれのスクールの特徴や受講形式、料金体系などをまとめたので、それらを参考にしながら、どのスクールがお子様に最適かぜひ参考にしてください。

人気プログラミングスクール9選

LITALICOワンダー

出典:LITALICOワンダー

LITALICOワンダーは、子どもたちの個性や興味に合わせてカスタマイズされた学習プログラムを提供するプログラミング教室です。

一人ひとりの子どもに合わせた個別指導を重視し、プログラミングだけでなく、ロボット作りやデジタルアートなど、幅広い分野での学習機会を提供しています。



下記の記事も参考にしてみてください!
LITALICOワンダー(リタリコワンダー)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み子どもの個性に合わせた個別指導を提供するプログラミング教室。
少人数制・個別授業なので初心者でも安心!
学習コース・ゲーム&アプリプログラミングコース
・ゲーム&アプリエキスパートコース
・ロボットクリエイトコース
・ロボットテクニカルコース
料金体系入塾金:16,500円(税込)
教室:7,425円〜8,525円(税込)/月
オンライン:5,500円〜6,875円(税込)/月
受講形式・対面(東京、神奈川、埼玉)
・オンライン

N Code Labo

出典:N Code Labo

N Code Laboは通学コースでは少人数制での指導を、ネットコースではマンツーマンでの指導を行っており、一人ひとりの学習ニーズに合わせた指導が可能です。

また、講師陣は対話を通じてプログラミングの楽しさを伝え、子どもたちの学習意欲を高めます。




下記の記事も参考にしてみてください!
N Code Labo(Nコードラボ)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み子どもたちのやる気を維持し、挫折しにくい体制を整えている点が特徴。
現役エンジニアの講師陣が直接指導を行い、生徒の「分からない」を解決。
学習クラス・ゲームプログラミングクラス
・AIプログラミングクラス
料金体系入会金:11,000円(税込)
授業料:33,000円/月(税込) 週1回・90分
受講形式・対面(東京、横浜、大阪)
・オンライン

ITeens Lab

出典:ITeens Lab

ITeens Labは、単にプログラミングスキルを教えるだけではなく、ITに関する幅広い知識と感性を育む総合ITスクールです。

スクールの教育方針は、技術的な知識だけでなく、生徒が主体的に学び、成長する力を養うことに重点を置いています。
「主体的に生き抜く力を育てる」という使命を掲げ、この価値観を教育に反映させています。




下記の記事も参考にしてみてください!
ITeens Lab(アイティーンズラボ)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み生徒が主体的に学ぶ力を育てることを使命とし、この教育方針により、生徒は自分自身で学び、問題を解決する能力を養うことができます
学習コース・プログラミング基礎
・プログラミング応用
・クリエイティヴ
・総合
料金体系入会金:18,700円(税込)
受講料:15,800円(税込)/週1コマ
    26,400円(税込)/週2コマ
受講形式・オンライン

デジタネ

出典:デジタネ

デジタネ(旧D-SCHOOLオンライン)は小中学生向けのプログラミングオンラインスクールで、自宅で楽しく学べる100以上のコンテンツを月額料金で受け放題というサービスを提供しています。


また、オンライン上の作品共有の場を提供することで、生徒たちは自分の作品を共有し、他の生徒の作品を見ることができます。
このようなコミュニティ機能により、生徒間の交流を促し、互いの学習を刺激する効果も期待できますね。


下記の記事も参考にしてみてください!
デジタネの口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み月に1回のLIVE配信授業を実施し、提出された作品に対して講師からフィードバックがあり、これにより生徒は直接的な指導を受けることができ、学習の質を高めることが可能。
学習コース・ディズニー
・マイクラッチ
・ロブロックス
・スクラッチ
・Javascript
・HTML&CSS
・ネットの世界を理解しよう
・タイピング練習
料金体系受講料:【月々プラン】4,980円(税込)/月
    【年間プラン】3,980円(税込)/月
受講形式・オンライン

Tech Kids School

出典:Tech Kids School

Tech Kids Schoolは、プログラミング言語やスキルを単に教えるのではなく、テクノロジーを活用して自らのアイデアを実現し、社会に積極的に貢献できる人材を育成することを目指しています。

生徒は、初心者向けの「Scratch」を使用したコースから始め、徐々に本格的なプログラミング言語を用いたアプリやゲーム開発に進むことができます。




下記の記事も参考にしてみてください!
Tech Kids Schoolの口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み業界の最前線で活躍するプロフェッショナルから直接学ぶ機会もあり、生徒や卒業生が国内外のプログラミングコンテストで表彰されるなどの実績も豊富です。
学習コース・継続学習コース
・短期体験コース
・オンライン継続学習コース
料金体系受講料:20,900円(税込)/月
教材費:2,200円(税込)/月
受講形式・対面(渋谷校)
・オンライン

Codeland

出典:Codeland

Codelandは、小学生から高校生までを対象にしたオンラインプログラミング教室で、その特徴としては、幅広い年齢層に対応した多様なプログラミングコースの提供が挙げられます。


柔軟な学習スケジュールにより、他の習い事との両立もしやすく、生徒はコミュニケーション能力とプレゼンテーションスキルも同時に養うことができます。

下記の記事も参考にしてみてください!
Codeland(コードランド)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み幅広い年齢層に対応した多様なプログラミングコースの提供
生徒一人ひとりに合わせたマンツーマンレッスンを行い、固定メンター制度により、個々の学習進度や理解度に合わせた指導が可能
学習コース・Scratch
・Webサイト制作
・ゲーム開発
・Python
・iPoneアプリ
・ロボット
料金体系・初期費用:3,300円~5,500円(税込)
・月謝:8,800円~14,300円(税込)/月
受講形式・対面(東京都港区)
・オンライン

BeEngineer

出典:BeEngineer

BeEngineer(ビーエンジニア)では、注目されるプログラミング言語「Python」を学び、入会後1年でチャットアプリを作成できるようになります。


Webでの教科書を採用し、最新の技術を日々更新しています。運営会社DeMiAが実際に150名以上のインターン生を本物のエンジニアにしてきたノウハウを中高生向けに教材化しており、中高生にもわかりやすい表現になっています。


プログラミングができる中高生がアプリ開発に取り組むことで自分のアイデアを現実化し、自己表現力や主体性の向上につながります。

下記の記事も参考にしてみてください!
BeEngineer(ビーエンジニア)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

項目詳細
スクールの特徴と強み講師は全員、500時間以上のプログラミング研修をクリアした京大生を中心とするエンジニア
学習内容一学期
 HTML, CSSの基礎文法
 Pythonの基礎文法
二学期
 Webフレームワーク「Django」の基礎
 CSSの応用
三学期
 チャットアプリ開発
 要件定義
料金体系22,000円(税込み)
受講形式・対面:(京都、大阪、東京、岡山)

侍テラコヤ

出典:侍テラコヤ

侍テラコヤは、プログラミング学習サービスで、目的に合わせたコース教材を提供し、転職や案件獲得、WEBサイト制作などの目標達成をサポートします。

現役エンジニアにいつでも質問できる環境が整っており、初学者でも安心して学習を進めることができます。

下記の記事も参考にしてみてください!
侍テラコヤの口コミ・評判【料金やメリットデメリットは?】

項目詳細
スクールの特徴と強み月額2,980円から始めることができ、業界最安級の料金でプログラミング学習を始めることが可能です。これにより、初期費用を抑えて学習を始めることができます。
学習コース・Webサイト制作コース
・Webデザイン制作コース
・ノーコードコース
・WeBアプリ開発コース(PHP・Ruby)
・データサイエンスコース
・AWSコース
・ITパスポートコース
・Git・GitHubコース
・業務自動化コース
・Linuxコース
料金体系入学金不要
【年間定額】2,980〜6,280円/月
【単月定額】4,480〜9,980円/月
受講形式・オンライン

Z会

出典:Z会

Z会では、プログラミングの技術そのものを学ぶだけでなく、その経験を通して知識を活用することを重視しています。子どもたちは、プログラミングをベースとした学びにより、将来どんな状況や環境にあっても柔軟に対応できる力を育てていきます。


プログラミング学習を通じて、論理的思考力、発想力、試行錯誤力の3つの力を身につけることができます。これらは「未来を生きる力」の基礎となり、どんな分野でも活かせる能力です。

下記の記事も参考にしてみてください!
Z会プログラミングの口コミ・評判|料金やメリットデメリットを解説!

項目詳細
スクールの特徴と強みZ会オリジナルテキストを使用して、プログラミングの学びを丁寧にナビゲート
カリキュラムの内容第1回進めロボット!
第2回あなたはピアニスト
第3回ゲームづくりに挑戦
料金体系・毎月払い(月額) 2,420円
・3カ月一括払い 6,171円
アクセスと受講形式・テキスト
・学習キッド

プログラミング教室の選び方

プログラミングスクールを選ぶ際に重要な5つのポイントをご紹介します。

予算の確認

中学生向けプログラミングスクールの選択において、予算は最も重要な要素の一つです。
一般的には月額10,000円から30,000円程度が相場となっていますが、スクールによっては料金が高額になることもあり、月額料金や入学金を含めた総コストを把握することが重要です。


また、プログラミングスクールはオンライン授業と対面授業がありますが、オンライン授業のみの場合は、対面授業に比べて料金が低めに設定されていることが一般的です。


ご家庭の経済状況に合わせて、無理のない範囲で最適なスクールを選ぶことが、長期的な学習の継続につながります。

講師の質

講師の質は、子どもの学習経験に大きな影響を与えます。
講師の経歴、教育方法、対応の柔軟性などを確認し、中学生に適した教育が提供されているかを見極めることが大切です。


多くのプログラミングスクールでは体験授業を提供しているので、実際に授業を受けてみることで、講師の教え方やコミュニケーションスキルを直接確認できます。


また、オンラインのフォーラムやSNS、レビューサイトなどで口コミや評判をチェックするなどの情報も収集すると良いでしょう。

クラスの種類

年齢別学級と混齢学級の選択は、子どもの学習スタイルや性格に合わせて行うことが重要です


年齢別学級は同年代の生徒が多く、友達作りやコミュニケーションがしやすいですが、混齢学級では異なる年齢の生徒との交流を通じて、多様な視点やアイデアを学ぶことができます。

受講形式

通学型とオンライン型のどちらを選ぶかは、子どものライフスタイルや学習環境によって異なります。通学型は直接講師との対面があり、集中して学ぶ環境が整っていますが、オンライン型は自宅での学習が可能で、時間や場所の制約が少ないです。


子どもの性格や学習習慣に合わせて選ぶことが重要です。

保護者の負担

保護者の負担を考慮することも、スクール選びにおいて重要です。
月謝以外に入会金やテキスト代などの追加コストが発生しないか、通学の利便性や保護者参加のイベントの頻度なども検討する必要があります。


スクールの公式ウェブサイトや資料、スクール担当の方に質問をされたり、口コミやレビューでしっかりと確認をとるようにしましょう。


保護者の負担を軽減することで、子どもの学習環境を長期的に維持し、学習のモチベーションを高めることができます。

プログラミング教室での学習することのメリット・デメリット

プログラミング教室での学習は、子どもたちにとって多くのメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも考慮する必要があります。
プログラミング教室での学習の主なメリットとデメリットを3つずつ詳しく見ていきます。

メリット

メリットは以下3つが考えられます。

  • 専門的な指導
  • 体系的なカリキュラム
  • 同年代との交流

それでは順にみていきましょう。

専門的な指導

プログラミング教室では、経験豊富な講師から直接指導を受けることができます。
これにより、プログラミングの基本から応用まで、体系的かつ専門的な知識を効率的に学ぶことが可能です。


また、個別の疑問や問題点に対して具体的なフィードバックを受けることができ、学習効果を高めます。

体系的なカリキュラム

教室では、初心者から上級者までを対象とした段階的なカリキュラムが提供されます。
これにより、学習者は基礎から順を追ってスキルを身につけることができ、無理なくプログラミングの理解を深めることができます。

また、プロジェクトベースの学習を通じて、実践的な経験を積むことも可能です。

同年代との交流

同年代の子どもたちと一緒に学ぶことで、協力や競争を通じて学習意欲が高まります。
他の生徒との交流は、コミュニケーション能力やチームワークのスキルを養う機会にもなります。

また、同じ興味を持つ仲間との出会いは、子どもたちにとって刺激的であり、学習へのモチベーションを維持する助けになります。

デメリット

デメリットは以下の3つが考えられます。

  • コスト
  • 時間と場所の制約
  • 個々の学習ペースの違い

こちらも順にみていきましょう。

コスト

プログラミング教室には受講料がかかります。
これは家計に負担を与える可能性があり、長期的なコミットメントを必要とする場合があります。

また、教材費や追加の費用が発生することもあるため、全体的なコストを事前に把握し、予算内での学習計画を立てることが重要です。

時間と場所の制約

教室に通うためには、特定の時間と場所に合わせる必要があります。
これは、忙しい家庭のスケジュールや交通の便によっては不便を感じることがあります。

また、通学時間が長い場合、学習時間以外にも多くの時間が必要となり、日常生活に影響を与える可能性があります。

個々の学習ペースの違い

クラス形式の学習では、個々の学習ペースに合わせるのが難しい場合があります。
特に、学習速度がクラスの平均と異なる子どもたちは、ついていくのが難しいか、逆に退屈を感じることがあります。

これにより、個々のニーズに合わせた学習が難しくなることがあります。

まとめ

この記事では、プログラミングが中学生にとって重要なスキルとなっている現代の状況を踏まえ、中学生に適したプログラミングスクールを9つ紹介しています。

各スクールは、個別指導、少人数制のクラス、オンラインと対面の両方の受講形式など、それぞれ独自の特徴を持っています。

さらに、プログラミングスクール選びの際に考慮すべきポイントも紹介しています。
これには予算の確認、講師の質、クラスの種類、受講形式、保護者の負担などが含まれており、これらのポイントを基に、中学生にとって最適なスクールを選ぶためのガイドラインをご紹介しています。

この記事を参考に中学生のお子さまと保護者に会ったプログラミングスクールを探してみてください。