BeEngineer(ビーエンジニア)の口コミ評判!本当のところはどうなの?

スクール

BeEngineerの特徴とその強みを徹底解析


BeEngineer(ビーエンジニア)は、中学生・高校生に向けた実践的なプログラミング教育を提供する教室です。

京都大学のITベンチャーと45年の実績を持つ学習塾が共同で運営しており、その特徴と強みは以下の通りです。

京大生中心のエンジニアによる講座

講師は全員、500時間以上のプログラミング研修をクリアした京大生を中心とするエンジニアです。


彼らは、最新のプログラミング知識を詰め込んだ独自カリキュラムを用いて、社会で通用するプログラミングスキルを生徒に伝えます。

注目言語Pythonの使用

Pythonは、多くの企業で採用されており、Webアプリから機械学習まで幅広く実装できる言語です。


文法がシンプルで初心者にも学びやすく、高校の「情報Ⅰ」でもメインのプログラミング言語として扱われています。

日々アップデートされる教科書

Webでの教科書を採用することで、最新の技術を日々更新しています。


中高生教育に実績のあるワオ・コーポレーションが教材のチェックを担当し、中高生にもわかりやすい表現になっています。

論理的思考力と自己表現力の向上

自らコードを書く中で目的を達成するための手順を筋道立てて考える訓練を行い、論理的思考力を身につけます。


また、プログラミングができる中高生がアプリ開発に取り組むことで、自分のアイデアを現実化し、自己表現力や主体性を向上させることができます。



BeEngineerは、社会で活かせることに重きを置き、実践的なプログラミング教育を提供しています。
このような教育方針は、将来日本・世界をリードするエンジニアを輩出することを目標にしていますよ!


プログラミングは、英語や数学などの教育とは違い、まだまだ体系化がなされていない分野ですが、BeEngineerが提供する学習カリキュラムは、日本のプログラミング教育のベーシックとなり、日本全体のプログラミング技術向上を目指していますね!

BeEngineerのカリキュラム:授業内容の詳細と学習アプローチ

BeEngineerは、中学生・高校生向けに、社会で通用する実践的なプログラミング教育を提供する教室です。そのカリキュラムと学習アプローチは、以下のようになっています。

BeEngineerのカリキュラム

  1. 一年目のカリキュラム:
    • 一学期: HTMLとCSSの基礎文法、Pythonの基礎文法を学びます。
    • 二学期: Webフレームワーク「Django」の基礎とCSSの応用を学びます。
    • 三学期: チャットアプリ開発と要件定義を行います。
  2. 二年目以降のカリキュラム:
    • 決済機能のあるECサイトやSNSアプリなど、より実践的なスキルを身につけます。

イベント授業の内容

  • シューティングゲーム開発: ゲームを数値的・論理的に理解し、ゲーム開発や解析、アルゴリズムやAIの導入が可能になります。
  • 世界に一つだけのサイトを作ろう: Webサイトの見た目を整える技術を習得し、LPや簡単なWebサイトを開発できるようになります。
  • PythonでゲームBotを開発しよう: Web APIでサービス間通信を行い、LINEBotを自由に操作する技術を習得します。
  • タイピングゲームを自動化しよう: Webデータを取得・入力・解析する技術を習得し、SeleniumやOCRを用いてWeb上のデータを自在に操作できるようになります。

学習アプローチ

BeEngineerでは、実社会で求められるプログラミングスキルを身につけることを目指しています。
カリキュラムは、基礎から応用まで段階的に進み、生徒が実際に手を動かしてプロジェクトを完成させることに重点を置いています。


また、イベント授業では、季節ごとに特別なテーマに取り組むことで、生徒の興味を引き出し、学習意欲を高めています。


BeEngineerの教育方針は、単にプログラミング言語を学ぶだけでなく、それを実際のプロジェクトに応用し、社会で活躍できるエンジニアを育成することにあります。

生徒たちは、プログラミングの楽しさを実感しながら、将来に役立つ実践的なスキルを身につけることができるでしょう!

BeEngineerでは無料体験授業を随時実施しています。興味のあるお子さんは、まずは無料体験授業に参加してみることをおすすめします。

身につくスキルと、このスクールが最適なお子さんの特徴

身につくスキル

プログラミングの基礎から応用まで

Pythonなどのプログラミング言語の基礎から応用までを学び、実際のアプリ開発に取り組むことができます。

論理的思考力

コードを書く中で、目的を達成するための手順を筋道立てて考える訓練を行います。
これは文系・理系問わず普遍的な課題解決能力につながります。

自己表現力

プログラミングができる中高生がアプリ開発に取り組むことで、自分のアイデアを現実化し、自己表現力や主体性を向上させることができます。

このスクールが最適なお子さんの特徴

プログラミングに興味がある生徒

新しい技術に興味を持ち、自分で何かを作りたいと思っている生徒に最適です。

論理的に物事を考えるのが得意な生徒

問題解決や論理的な思考に興味がある生徒に適しています。

自分のアイデアを実現したい生徒

自分の考えを形にしてみたい、創造的な活動に興味がある生徒にぴったりです。

BeEngineerの料金体系と授業スケジュール


BeEngineerでは、中学生・高校生を対象にした実践的なプログラミング教育を提供しています。その料金体系と授業スケジュールについて、以下のようにご案内しますね!

BeEngineeの料金体系

項目詳細
月額料金(税込)22,000円
開講期間4月中旬~翌年3月中旬の1年間
授業回数月3回(2時間×3回/月)、全36コマ
支払い方法クレジットカード決済

授業スケジュール

土曜日

時間帯京大本校梅田本校
1限13:00~15:0013:30~15:30
2限16:00~18:0016:30~18:30
3限19:00~21:0019:30~21:30

日曜日

時間帯京大本校梅田本校
1限13:00~15:0013:30~15:30
2限16:00~18:0016:30~18:30
3限19:00~21:0019:30~21:30

BeEngineerのプログラミング教室は、生徒たちが社会で通用するプログラミングスキルを身につけるための理想的な場所です。


月額22,000円で、実践的なプログラミング教育を受けることができますよ。
授業スケジュールは柔軟に選べるので、他の学校活動や習い事との両立もしやすいですね。

ぜひ、体験会に参加してみてくださいね!

リアルな声を紹介:BeEngineerの口コミ

BeEngineerの実際の利用者からのリアルな声を紹介します。BeEngineerの口コミ評判を簡潔にまとめてみましょう。”

BeEngineerの口コミ評判

  • Pythonを使った授業が中心で、初心者からでも学びやすい
  • 分からないことがあったらすぐに講師に質問できる授業体系が良い
  • 講師が熱心に教えてくれること、年齢が近いため親近感がわく点が良い。

子どもがBeEngineerに通い始めてから、自宅でもプログラミングについて熱心に学んでいます。講師の方々が親切で、子どもが理解しやすいように丁寧に教えてくれるので、安心して任せられますね。

BeEngineerの料金は少し高いと感じましたが、提供される教育内容を見ると納得できます。子どもが論理的思考力を身につけ、自分のアイデアを形にする力を育てているのを見ると、投資する価値があると感じます。

先生方がとても親身になって教えてくれるので、息子も毎回授業を楽しみにしていますよ。プログラミングのスキルだけでなく、問題解決能力も身につけているようで、とても満足しています。

BeEngineerのプログラミング教室は、保護者からの評価が高いですね!
子どもたちがプログラミングの楽しさと実践的なスキルを学んでいることに、多くの家庭が満足していますよ。


講師の質の高さや、教材のわかりやすさ、子どもたちの学習意欲を引き出す授業内容が特に好評です。
料金については意見が分かれることもありますが、教育内容の質を考えると、その価値を感じているご家庭が多いですよ!

BeEngineerを体験しよう:無料体験授業のご案内

BeEngineer無料体験授業のご案内

  • 対象: 中学生・高校生
  • 内容: BeEngineerのカリキュラムと教育方針を体験できる授業です。プログラミングの基礎から応用まで、実際に手を動かして学ぶことができます。
  • 特徴: 京都大学のITベンチャーと45年間の実績を持つ学習塾が共同で運営しており、社会に通用する実践的なプログラミング教育を提供しています。

申し込み方法

  • BeEngineerの公式ウェブサイトから申し込みが可能です。興味がある生徒や保護者の方は、ぜひこの機会に参加してみてくださいね!

BeEngineerの無料体験授業は、プログラミングに興味を持つ生徒たちにとって、夢を実現するための素晴らしいステップになるでしょう。プログラミングの世界への第一歩を踏み出すチャンスですから、ぜひこの機会をお見逃しなく!