HTMLとは?初心者にもわかるHTMLの基本、CSSとの違い、おすすめの学習方法とタグの使い方

学習

ウェブページを見るたびに、その裏側で何が起こっているのか、気になったことはありませんか?


そんなウェブページの基礎を支えるのが「HTML」です。HTMLって聞いたことはあるけど、実際に何をするものなの?と思っている初心者の方も多いはず。


そこでこの記事は、HTMLの基本から、CSSとの違い、そしてHTMLを学ぶ上で役立つ学習方法やタグの使い方まで、初心者にもわかりやすく解説していきますよ!

HTMLとは

HTML、これはHyperText Markup Languageの略で、Webページを作るための基本言語。
文章や画像などの情報をどう配置するか、それをコンピューターに指示するのがHTMLの役割です。


HTMLあるおかげで、検索エンジンがサイトの構造を瞬時に把握できるんです。


『ここはタイトルだよ』『ここには見出しがあるんだ』といった具合に、テキストに意味を与えて、Webページに生命を吹き込みます。


そして、HTMLはWebページの骨組みを作るために欠かせない存在。
段落やリンク、画像など、サイトの基本的な機能を作り出すのが得意です。


簡単に言えば、HTMLはWebページの設計図とも言えるでしょう。

HTMLを使ってできること

ここではHTMLで何ができるのか紹介します!

簡単なホームページの作成

HTMLを使えば、初心者でも基本的な構造のホームページを簡単に作成することができます。より高度なデザインや動きを加えたい場合は、CSSやJavaScriptの知識が必要です。

HTMLメールの作成

画像やリンクを含むHTMLメールを作成することができ、これは読者の注意を引きやすく、企業のメールマガジンなどで頻繁に利用されています。

HTMLとCSSの違い

HTMLとCSSの違いは、「構造」と「装飾」にあります。
CSS、これはCascading Style Sheetsの略で、HTMLで作られたWebページを美しく装飾する役割があります。


HTMLがページの骨格を作り、CSSがその骨格に色やスタイルを加えるんです。Web開発では、HTMLとCSSはとても重要な関係にあります。


HTMLがページの基本構造を築き、CSSがその構造に美しい装飾を施すことで、整った美しいWebページが完成します。


昔はHTMLだけで色やサイズを指定していましたが、CSSの登場でデザインがより簡単に、そして多様になりました。


今では、リンクボタンや背景のグラデーションもCSSで簡単に表現できるようになったんですよ。

代表的なHTMLのタグ

HTMLをマスターするためには、まず“タグ”の概念を把握することが重要です。 タグとは、簡単に言えば『テキストに意味を付与するマーク』ということです。


HTMLには100以上のタグが存在し、それらを全て覚えるのはなかなかの挑戦です。 そこで、ここでは特に役立つ、いくつかの主要なタグをピックアップしてご紹介しましょう。

代表的なタグ

  • 〈h1〉〈h6〉見出し(数字が小さいほど大きい見出しになる)
  • 〈p〉段落、通常のテキスト
  • 〈br〉改行
  • 〈img〉画像を挿入
  • 〈a〉リンクを挿入
  • 〈div〉グループ化(コンテンツをまとめる)
  • 〈strong〉太文字
  • 〈u〉アンダーライン
  • 〈li〉箇条書き

また、HTMLタグには、〈/p〉や〈/h1〉のように、終了タグに「/(スラッシュ)」を含むものがあります。


終了タグを忘れると、ページの表示が乱れたり、意図した通りに表示されないことがあるので、正しく記述することが大切です。


ただし、HTMLのバージョンや特定の要素によっては、スラッシュを省略できる場合もあるため、記述ルールには注意が必要です。

HTMLのメリット

ここではHTMLのメリットを3つご紹介します

HTMLのメリット
  • ウェブページをカラフルにできる
  • 簡単に始められる
  • 自分のウェブサイトを作れるようになる

ウェブページをカラフルにできる

HTMLを使うと、文字の大きさや色を変えたり、画像や動画をページに追加したりできます。

これは、ただの文字だけのページよりもずっと面白く、見やすいページを作ることができるってことですよ!

簡単に始められる

HTMLは、プログラミング言語の中でも特に学びやすい部類に入ります。タグという特別な印を使って、どんな風にページを飾りたいかを書きます。


メモ帳で書いて、ブラウザで見ることができるんですよ。だから、パソコンがあればすぐにでも始められます。

自分のウェブサイトを作れるようになる

HTMLを覚えると、自分だけのウェブサイトを作ることができます。趣味のことや、好きなものについてのページを作って、世界中の人と共有することができるんです。


自分でデザインしたページをインターネット上に公開できるって、とてもわくわくしませんか?

HTMLの学習方法

この章ではHTMLの学習方法を3つ紹介します。

HTMLの学習方法
  • プログラミング学習サイトで学ぶ
  • プログラミングアプリで学ぶ
  • 書籍で学ぶ

それでは順にみていきましょう。

プログラミング学習サイトで学ぶ

プログラミング学習サイトでは、基本的なHTMLのタグの使い方から、ウェブページをデザインするための応用技術まで、幅広い知識を段階的に学ぶことができます。


特に、インタラクティブな学習コンテンツを使って、実際にコードを書きながら学べるので、「読むだけ」や「見るだけ」の学習よりも理解が深まりますよ!


プログラミング学習サイトで学ぶことの最大のメリットは、自分のペースで、好きな時間に、好きな場所で学べることです。

プログラミングアプリで学ぶ

プログラミングアプリを使うと、スマートフォンやタブレットだけでHTMLの基礎から応用までを学ぶことができます。


アプリによっては、ゲーム感覚で楽しみながら学べるものもあり、「学習」というよりは「遊び」のような感覚でコードに触れることができますよ!


ただし、アプリによっては基本機能は無料でも、より深い内容に進むには有料のプランに加入する必要がある場合もあります。


ですが、初心者が基礎を学ぶ分には無料の機能だけでも十分なことが多いですよ。


「パソコンを開く時間がなかなか取れない…」という方でも、スマホさえあれば通勤中やちょっとした休憩時間に学習を進めることができるので、忙しい方にもぴったりです!

書籍で学ぶ

書籍で学ぶ最大のメリットは、専門家が厳選した情報が整理されていることです。


ネット上には膨大な情報があふれていますが、何が正しくて、何が古い情報なのかを見極めるのは初心者には難しいもの。


しかし、書籍なら、その分野のプロが最新の情報を基に、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説してくれています。


また、書籍はインターネットがない環境でも学習を進めることができます。電車の中や、カフェ、自宅のリビングなど、好きな場所でじっくりと学べるのは、書籍ならではの魅力ですよね。

ただし、書籍で学ぶ際には、最新の情報を扱っているかどうかを確認することが大切です。


HTMLやCSSは、時代と共に変化していく技術ですから、できるだけ新しい出版年の書籍を選ぶようにしましょう。

まとめ

HTMLはウェブページを作成するための基礎となる言語であり、CSSと組み合わせることで、より魅力的なウェブサイトを構築することができます。


代表的なHTMLのタグを覚えることで、基本的なウェブページから始めて、徐々に自分だけのオリジナルページを作り上げることが可能になりますよ!


HTMLの学習は、オンライン学習サイトや書籍、プログラミングアプリを使って、自分に合った方法で進めていくことが大切です。


学習を進める中で、時にはつまずくこともあるかもしれませんが、それぞれのタグやコードの役割を理解し、自分の手でウェブページを形にしていく過程は、とても楽しいものですよ!